コールドリーディングとは?

Pocket

占い師の中には、鑑定結果と言いつつもただのコールドリーディングで得た情報を伝えただけだったりすることがあります。
このコールドリーディングとは、会話の内容や雰囲気から相手の情報を読み取って相手の心理状況に応じた対応をすることで、あたかも占いが当たっているような錯覚に陥らせる手法です。

例えば「あなたは辛い時、非現実的なことを考えてしまうことがありますね」というように、大抵の人に当てはまるようなこと言ってみたり、「あなたは普段は優しい性格だけど、自分に余裕がないときは周りに冷たくしてしまいがち」というように対極のことを言うことで、単純に当てはまる確率を上げたりという手法をとって当たっていると思わせるのが特徴です。

コールドリーディング自体は会話の手法として決して悪いものではないですが、悪い占い師の中にはコールドリーディングを用いてあたかも占いが当たっていると思わせ相談者からの信頼を得ることで騙していくという人もいます。
また、きちんと占ってくれる占い師でも、最初の1、2個の質問にだけコールドリーディングを用いることがあります。これは相談者が自分を信頼して占って欲しいことを話しやすくするためだったり、緊張を解すためだったりと、相談者のことを考えて行われます。

このように悪用する占い師もいれば、スムーズに占うためにあえて取り入れている占い師もいます。後者はいいコールドリーディングの使い方といえますが、前者のように占いの内容が全てコールドリーディングのような内容の占い師は注意しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です